ガン治療の方法を相談できる窓口

ガン治療

がん治療の為の薬も昔よりは増えました。
欧米等では、がんの治療薬と言えば、殺細胞剤等が使われていたのですけれども、最近では、分子標的薬という物が多く使用されるようになっているのです。
日本でも、一部の部位を対象にしている場合だけ、この薬は、保険適用になり始めているといった所です。

この分子標的薬なのですけれども、細胞増殖に関連する物質を標的にしています。
その事により、がん細胞の増殖を防ぐ事が出来るのです。
ただし、正常な細胞の増殖も抑えてしまう事になります。
しかし、細胞を殺す作用はありません。
そして、免疫細胞にも悪い影響を与える事はありません。

しかし細胞を殺せないのに、どうして、ガン細胞を減らす事が出来るのか不思議になる方もおらあれるでしょう。
結局、細胞の増殖を止める事が重要なのです。
それにより免疫細胞へのダメージが大幅に軽減されます。
それにより、免疫がガンに打ち勝って行くのです。

分子標的薬の中には、抗体医薬品という物があります。
ナチュラルキラー細胞の能力を高める事が出来る、ADCC活性を持っている物があります。
つまり、ANK療法と併用すると、大きな効果を得られる可能性があります。

がん治療設計の窓口では、このようながん治療を紹介し、なおかつ他の先端医療とどのように組み合わせればより良い効果になるのかを提案してくれるのです。
それにより、がん完治を飛躍的にアップする事が出来るのです。

投稿日: